FXの初心者がやるべき5つのこと

こんにちは!

FX初心者の方々は

まず何から手を付けたらいいかわからない

なんてことはありませんか?

そんな右も左もわからない

初心者の方がやるべきことを5つにまとめてみました!

目次

1.FXの基礎知識を身につける

2.トレード手法を勉強する

3.失敗例を学ぶ

4.口座を作る

5.取引をする

6.まとめ

1.FXの基礎知識を身につける

まずは基本的な知識を身につけましょう

そもそもFXとは何かというと

外国為替証拠金取引

のことです。

自分で用意した資金を証拠金(担保のようなもの)として

口座に入金することで、

証拠金の金額に応じた為替取引ができるということです!

ドル / 円、ポンド / 円、ユーロ / ドル

など様々な通貨ペアの為替が存在します。

その通貨間の価値の差を利用して利益を得るのです。

例えば

1ドル=100円でドルを買い

1ドル=120円でドルを売ると

20円の利益です!

逆に、

1ドル=100円でドルを買い

1ドル=80円でドルを売ると

20円の損失です!

ただし、FXでは

空売りができます!

1ドル=100円でドルを売り

1ドル=80円の時に買うのです!

これで20円の利益です!

つまり、為替の動きが読めれば

為替が上がっても下がっても利益をとれるのです!

2.トレード手法を勉強する

為替の動きが読めれば利益を得ることができるFX

そのために数多くあるトレード手法を勉強し、

自分のトレード手法を見つけることが大切です。

トレード手法には大きく分けて2つあります。

・ファンダメンタル手法

・テクニカル手法

 

【ファンダメンタル手法】

世界的な企業・政府の動きをもとに

為替の値動きを予測するものです。

【テクニカル手法】

チャートの動きを統計学的に分析して

値動きを予測するものです。

詳しくは FXテクニカル分析 をご覧ください。

3.失敗例を学ぶ

正しい分析手法を身に着けても、

失敗してしまう人がたくさんいます。

失敗例を学び、事前に対策をしておきましょう。

・レバレッジが高すぎる

レバレッジを高くすると買ったときには利益が大きくなりますが、

負けた時の損失も大きいことを忘れてはいけません。

FXで勝つためには、負けないということが大切になってくるのです。

・ファンダメンタル分析ができていない

短期的な利益を考えてテクニカル分析で取引をする人がよくいるのですが、

ファンダメンタル分析を忘れていてはいけません。

アベノミクスや米朝首脳会談など、影響力の大きい時事情報によって、

大きなトレンドが形成されることも少なくないので、

短い期間での分析ばかりして、大きなトレンドを見逃さないように気をつけましょう。

 

4.口座を作る

ここまで来たら、あとは取引の準備として

口座を開設しましょう。

口座選びで気を付けることは以下になります。

・手数料

・最小取引ロット数

・チャートの使いやすさ

上記3点をポイントに選ぶといいです。

 

一概にどれがいいとは言えません。

取引量やチャートの使い方など、人それぞれなので、

自分で決めたトレード手法にあった会社を探すとよいでしょう。

5.取引をする

FX口座が開設できたら、いよいよ取引スタートです。

必ず自分の余裕資金の範囲内でやりましょう。

具体的な流れとしては、

・銀行にお金を準備

・FX口座に銀行から入金

・取引スタート

ネットバンクを使えば、すぐ入金し取引できます。

6.まとめ

FXの初心者がやるべきことについてお話してきましたが、

いかがでしたでしょうか?

全体を通して言えるのは、

・事前準備をしっかりすること

・自分で取引ルールを決めること

この2つがとても大事になってきます。

これを守っていけば、きっとあなたも

立派なFXトレーダーになれることでしょう。